ニーズ別脱毛エステ


医療脱毛・エステ脱毛


部位別脱毛エステ


メンズ脱毛エステ


人気脱毛エステの比較口コミ


企業情報について


永久脱毛とは

脱毛には大きく分けるとレーザー脱毛とニードル脱毛などの針を用いた脱毛の2種類があります。どちらも毛根を破壊することで、その後の発毛を防ぎますが、光脱毛やレーザーによる脱毛では完全に永久に生えてこなくなる訳ではありません。完全に無くしたい場合、一般的にはニードル式が主流です。



針脱毛による永久脱毛

針脱毛の場合、細いハリをムダ毛の毛穴に入れ、弱い電流を流すことで毛根を破壊します。毛穴から二度と毛が生えてこないようにするので、たった一度の施術で完全に永久脱毛することができます。
しかし、この場合毛穴に針を入れ電気を流すので、痛みが伴います。しかも、一本一本処理していくので大変時間もかかります。広範囲の脱毛をする場合には向いていません。




レーザー脱毛による施術

レーザーは黒い色素に吸収され熱に変換される性質を持っているので、レーザーを肌に照射すると、その熱エネルギーにより、毛根周辺にある毛の再生組織が破壊されます。 毛の再生組織に高熱が伝わり、機能させなくするのです。
レーザー脱毛の場合は、皮膚の上から広範囲に照射していくので一度に多数の脱毛を行うことが可能です。しかし、毛の色、深さ、照射熱量が効果に影響してきます。例えば、黒く日焼けした肌に照射すると、熱が肌に吸収されやすいため、肌に熱傷がでてしまいう上、毛根に熱が集中されず脱毛効果が発揮されません。
針脱毛との違いは、完全に毛根が破壊されない ということです。レーザーを肌の上から照射するとレーザーは黒いメラニン色素に反応し、ムダ毛を熱で毛根まで燃やしていきますが、毛根を完全に破壊する事はできず、どうしてものこってしまい、数年経過したのちまた生えてきてしまいます。

しかしながら、レーザー脱毛でも繰り返し施術をする事で何年間も生えずにすることは可能です。ただ一生涯のものではありません。

針、レーザー、それぞれのメリット・デメリットを踏まえ、自分にとってどちらがベストかを判断してください。
併用するという選択肢もありますので、部位や時間により施術をかえるのも良いでしょう。