ニーズ別脱毛エステ


医療脱毛・エステ脱毛


部位別脱毛エステ


メンズ脱毛エステ


人気脱毛エステの比較口コミ


企業情報について


医療脱毛とエステサロン脱毛の違い

エステサロンで行われている光脱毛(IPL脱毛・プラズマ脱毛など)と医療機関の医療レーザー脱毛には違いがあり、照射パワーの差が違うのです。
クリニックなどの医療機関には医師が常勤しているので、万が一の施術中のトラブルにも適切な処置が行えます。そのため強力なレーザー治療を行うことを厚生労働省が許可しています。
そもそも脱毛自体が本来 医療行為 にあたるため、当然リスクもあるのです。
針を使う電気脱毛も医療行為です。電気脱毛はレーザー脱毛よりはるかに歴史が古く、クリニックでもエステでも広く行われてきたという経緯がありますが、資格を持った人間しか施術できません。



エステサロンの脱毛機器

エステサロンはどうかというと、法律上、 長期的効果のある脱毛を行ってはいけないとされています。
数年前、照射パワーの強い光脱毛機器を使用していたエステサロンとそのメーカーが違法だとして、摘発された事がありました。かつてはこのようなエステサロンが多かったのです。
医療レーザー脱毛機器は医療機器ですので、医師のいないところでは使用す使用してはいけないのです。現在では、エステサロンでは法に乗っ取った出力の低い光脱毛機種を使用しています。


エステサロンの費用対効果

また、医療機関では信じられないような低価格で脱毛を提供しているエステサロンが多数ありますが、エステサロンで行える範囲の脱毛では、
長期的に(永久的に)満足のいく脱毛ができないことがほとんどのようです。
とりあえず今すぐ脱毛する必要がある場合では、部位によってはエステ脱毛で事足りるかもしれません。しかし、短期的な効果ではなく、長期的に減毛率を高める計画であれば、医療レーザー脱毛のほうが経済的で、安全です。



医療機関の現状

残念なことですが、医療機関の中にも、コスト削減・低料金化を図っているクリニックもあり、カウンセラーなどの医療資格のない人間がカウンセリングや施術を担当しているケースもあります。
これは医師がその場に常勤していても明らかな違法行為(居るだけでは意味がありません)であり、とても危険ですので、そのようなクリニックは避けてください。