ニーズ別脱毛エステ


医療脱毛・エステ脱毛


部位別脱毛エステ


メンズ脱毛エステ


人気脱毛エステの比較口コミ


企業情報について


エステ脱毛か医療脱毛か

エステ脱毛にするか医療脱毛にするか、悩ましいのが、電気脱毛(ニードル脱毛)です。
肌に針を刺す行為は医療行為でありながら(厚生労働省が通達・医事第69号を出している)エステでも実施されています。
針を使う施術はリスクがあります。しかし、針を使う電気脱毛は機械の性能に依存されるレーザー脱毛とは違い、施術者の知識とスキル左右されます。医者、エステティシャンの違いで判断できるものではないのです。




電気脱毛の資格

レーザー脱毛はたった10年という歴史ですが、電気脱毛(ニードル脱毛)は長い歴史を持っています。最近では、永久脱毛が専門的な知識と技術を必要とするという観点から、医師、エステ側 共に脱毛に関する資格である「脱毛師」を取得しています。
国家資格ではありませんが、100時間程度の講義、実習により認定されます。以前の野放し状態から改善されている傾向にあります。



電気脱毛の歴史

最初の電気脱毛は1875年にアメリカでさかさまつげの治療として開発されました。発毛組織に直流電流を流し、電気分解作用でできる水酸化ナトリウム液が毛包組織を破壊することで発毛が行われなくなるというものです。
20世紀に入ると電気脱毛士のトレーニングがはじまり、"電気脱毛士"の誕生しました。
1924年にフランスで高周波電流を使用する永久脱毛法が考案され、処理時間が早くなりました。
1948年になると、電気分解法と高周波脱毛法を組み合わせたブレンド法が考案され、法的に高周波出力に制限のあるエステでは、現在このブレンド法が主流となっています。

医療機関でも1986年小林敏男博士により絶縁針に高周波を流す電気脱毛「小林式脱毛法」開発されました。針のおかげで表皮を傷つけることなく、高周波が毛根に届くため、短時間で永久脱毛が完了します。

このように電気脱毛はエステと病院の2つのルートで独自の発展を遂げてきたため、医師でなければできない訳ではなく、実際にエステでも行われているのです。