ニーズ別脱毛エステ


医療脱毛・エステ脱毛


部位別脱毛エステ


メンズ脱毛エステ


人気脱毛エステの比較口コミ


企業情報について


脱毛エステを選ぶ際の注意

ジェル代や高額化粧品など表記されている料金より結局 値段が高くなってしまうのではないかと、エステに行くのに不安を感じる事があるでしょう。
その手の店も事実ありますが、しっかりと探せば勧誘なども良好な店も多数あります。下調べをきちんと行いましょう。
それでも、たくさんあるエステ店から優良エステ店を見つけるのは大変な事です。そんなときの選び方いくつか紹介します。




超低価格エステに注意

「両ワキ脱毛1,000円お試し」など
破格の値段で呼び込みをし、最終的に高額な契約をさせるエステ店もあります。なんでも安ければ良いものではありません。




口コミサイトでチェック

本当に冷静な目で業者を見分ける判断材料になります。評判が悪いところにわざわざ行く必要はありません。(悪徳エステの被害者たちで一致団結して評判を書いている事もあります。)
悪評が無ければ、少なくともそれまで被害にあった客がいないと考える事もできます。その口コミにより効果や、雰囲気、店の内側を知ることも出来ます。



一人ではなく友人と行く

勧誘エステティシャンが契約を結ぼうとし、一生懸命勧誘しても、友達が隣で一言「後でゆっくり考えたらいい」と冷静に判断してしまえば、高額契約を無理に結ぶ事もありません。これは勧誘エステティシャンがもっとも嫌うパターンだそうです。
せっかく通うならいいお店が良いでしょう。広告に書いてあることを鵜呑みにせず、自分の目で確かめて、見極めましょう。悪徳エステにはまっても誰も責任は取ってくれません。友達と一緒に行くというのは勧誘のストッパーになります。


勧誘や押売をされてしまった時の対処法

対処法はハッキリと拒否することにつきます。
ローンに使える身分証明書を忘れたふり、印鑑は持っていかない、クレジットカードを持っていかないこと等がありますが、そのような場合も勧誘側には契約のためのハンドリングがありますので、やはり拒否をする気持ちが大事です。
以下、勧誘例です。
・ワキ脱毛だけでいいのに、痩身などの別メニューを勧められる。
・パッチテスト、脱毛体験などを受けたあとのコースの勧誘に。
・月々の支払いプランの話を勧められる。
・美容品などの押し売り。

もし契約してしまった場合は8日以内ならクーリングオフができます。
納得できない契約なら解除ができます。
(ただし、クリーングオフができるのは五万円以上の契約が原則になります。)